黒ナンバー変更が激アツです

 大阪かがやき行政書士事務所の林です。
 早くも11月に入りました。コロナ感染者も少なく現状では落ち着いていますが油断は出来ません。
 全く更新してなかったブログも少しは更新しないと、お客様にとっては不安に感じるかなと思いたまに更新はしていこうと思います。うちは何だかんだホームページ経由の依頼も多いので反省です。

軽自動車を黒ナンバーに変更したい

 このコロナ禍での働き改革の一つとして軽貨物運送業が本当に伸びました。
 UberEatsや出前館などのフードデリバリー及びAmazon Flex、EASY CREW、その他大手運送会社からの委託による宅配及びハコベル、PickGoなどマッチングサイトによるスポット配送など、副業として手軽に出来る軽貨物運送業が現状でかなり人気です。コロナ禍で外出自粛が求められて、必然的に個人配送の需要が高まった結果だと思っています。そしてトラックなど一般貨物運送事業と違い、軽貨物運送事業は手軽に始められる敷居の低さも魅力です。

 貨物用途の軽バンを事業用として使うのには役所に届け出をしてナンバープレートを事業用の黒ナンバーにする必要があります。弊所ではそのお手伝いをさせていただいております。

 

黒ナンバーの手続き

 現状の黄色ナンバーの軽貨物自動車を黒ナンバーに変更する手続きはさほど難しいものではありません。まずは管轄の陸運局(大阪府の場合は大阪運輸支局)などで、貨物軽自動車運送事業経営届出書を提出して運送事業を始める届け出をする必要があります。そして連絡書を合わせて受領して、軽自動車検査協会で記載変更手続きを行います。

 その気になれば1日で黒ナンバーに変更する事が可能です。

 しかし、書類の作成に慣れてない一般の方だと結構下調べしたり時間が掛かるのは間違いありません。貨物軽自動車運送事業経営届出書は簡単なようでもケース・バイ・ケースで書き方に注意が要します。事務所の住所と休憩場所や駐車場の位置がそれぞれ違った場合の注意点とか、ローン会社の所有になっている車両の場合の注意点とか、法人名義で登録している車両の注意点など様々なケースにより正しい書類を作成しないと後々面倒になる事があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書類の作成はプロにお任せ

 やっぱり餅は餅屋に任せて下さい。
 黒ナンバーに変更するのに必要な下記書類はすべて作成・提出代行いたします。普通の方が書き書類を全て揃えて変更する場合は、下調べも含めてそれなりの時間が掛かるのは間違いありません。1日も早く黒ナンバーに変更したい場合は迷わずプロに依頼しましょう。

黒ナンバー変更に必要な書類(大阪府の場合)

1.大阪運輸支局提出書類

・貨物軽自動車運送事業経営届出書(正・副)
・運賃料金設定届出書(正・副)
・貨物軽自動車運送事業運賃料金表(正・副)
・事業用自動車等連絡書
・自動車検査証(写し)

2.軽自動車検査協会提出書類

・申請依頼書(代理申請の場合)
・OCR申請書(軽第1号様式)
・住民票(使用者を変更する場合)
・軽自動車所有者承諾書(所有権留保されてる場合など)
・事業用自動車等連絡書
・軽自動車税申告書
・自動車検査証(原本)
・ナンバープレート

これらを全てご自身でやるには結構大変だと思います。また、事業所の場所によっては運送事業が出来ない場所もありますので、少しでも不安がある場合はプロの行政書士に任せるのが一番だと思います。

 

貨物軽自動車運送事業の届出

大阪かがやき行政書士事務所では、軽貨物の黒ナンバー取得の代行を承っております。
当事務所は大阪運輸支局と同じ寝屋川市に所在しているため迅速かつ格安で対応いたします。

内容 行政書士報酬
全部丸投げプラン
貨物軽自動車運送事業経営届出書の届出
事業用自動車等連絡書の取得
車検証の変更・黒ナンバー取得
27,500円
一部丸投げプラン
貨物軽自動車運送事業経営届出書の届出
事業用自動車等連絡書の取得及び郵送
22,000円
バイク便(緑ナンバー)プラン
上記各プランより5,000円値引きとなります。
22,000円

※ナンバープレート代などの実費は別途必要になります。

上記料金表には送料も含まれておりますので、ほとんどのお客様はナンバープレート代実費(1,500円)を追加するだけで追加費用はございません。また、事業用の黒ナンバーは希望ナンバーを取得することは出来ません。

 

お問い合わせ

黒ナンバーに関するお問い合わせは下記メールフォームをクリックして下さい。
個人以外の自動車販売会社様からの問い合わせもお待ちしております。


お問い合わせフォーム